セミナー開催依頼フォーム

下記のフォームよりお申込みいただきますと、日程の調整や場所の確認、セミナー内容の確認などのご連絡をさせていただきます。

セミナー開催希望場所(必須)
(例:新潟駅前付近/長岡市 など)
*指定なしの場合は、その旨記載してください。
セミナー参加予定人数(必須)
(現状での見込み人数で構いません)
セミナー開催希望日
お名前 (必須)
(例)田中 花子
メールアドレス (必須)
半角英数字でご記入下さい。

(例)email@mail.com
ご住所
(例)○市△町1-2-3
連絡の取れる番号(携帯)
(例)0120-12-3456

 

 


 

やまぎわのセミナーに対する思い

なぜ私がセミナーをしているのかと言いますと・・・
これからは「年金は補助」として考えないといけない、つまり老後の生活費は少なからず自分で貯蓄しないといけないという事。漠然と年金は足りないと思っているがどうしたら良いかわからない方が大半です。そのどうしたら良いかについてお話ししています。確定拠出年金、保険、投資商品を上手く組み合わせる事についてお話しします。

 

国が何を考えているのか
財政制度等審議会 財政制度分科会で気になる話が出ていますのでよく読んで自分で考えてみてください。企業の退職金を確定拠出年金へ移行、NISAがなぜ始まったのかがわかります。
★財政制度等審議会 財政制度分科会議事録より抜粋
「公的年金はあくまでも老後のリスクをシェアするための補完的な部分だというメッセージを出しておけば、多少給付水準が下がっても、あるいは、支給開始年齢が引き上がっても、対応できるわけです」

「 今、401kとか、あるいは、最近ですとNISAとか、様々な動きはあるのですが、それを全ての若い世代の人たちが、若いときからきちんと準備できるような、そのような環境整備を行っていけば、公的年金はあくまで補助的な手段だということになり、多少給付水準が削減されて、実質的に公的年金の負担が増えても、たいしたことではないということになります」

 

★財政制度等審議会 財政制度分科会議事録
平成26年10月27日
https://www.mof.go.jp/…/proc…/proceedings/zaiseia261027.html

 


 

※内容は個人情報保護方針に従い、他者へ公開いたしません。

お電話でのお問い合わせもお気軽に。「ホームページを見た」とお伝えください。

 

 

tel

 

電話お問い合わせ
ページ上部へ戻る